警備用ロボット開発のSEQSENSEが10億円の資金調達


 
警備用ロボット開発などを手がける SEQSENSE が第三者割当増資を実施。三菱地所、TIS、ジャフコを引受先として10億円の資金調達を行ったそうです。TISは国内大手のシステムインテグレーターで東証一部上場企業。時価総額は4,600億円ほど(2018年6月18日)。
 
シークセンス、三菱地所などから10億円調達(日本経済新聞)
 
警備員バイトの経験あるのですが、ロボットで代用可能な業務もけっこうあるような気がするので、これからの時代に必要なプロダクトだと思います。
 
関係ないですが、SEQSENSE社の「TEAM」を見てたら元ペロリの方がいらっしゃるようで、「おー」って思いました(小並)。