フリマアプリ『メルカリ』がWiL、既存株主を引受先とした23.6億円の第三者割当増資を発表

フリマアプリ『メルカリ』がWiL、そして既存株主のグローバルブレイン、グロービス、GMO-VP、East Venturesを引受先とする第三者割当増資を行ったと発表しました。今回の調達額は23.6億円。

フリマアプリ「メルカリ」23.6億円を調達 ー 新テレビCM&リアルイベントを展開

メルカリは今年の3月に14.5億円を調達してますが、それに続く大型調達。先日はフリマアプリ「Fril」運営のFablicがクックパッド、コロプラ、ジャフコから総額10億円の資金調達を行っています。

飲食店向けの予約台帳サービス『トレタ』がWiLから2億円調達

飲食店向けの予約台帳サービス『トレタ』が「300億円ファンド」WiLを引受先とする第三者割当増資を行ったそうです。調達額は2億円。またペパボ役員退任後の去就が不明(GMO-VPとの絡みはあったものの)だった吉田さんがCOOとして参画したもよう。

予約台帳サービスのトレタがWiLから2億円を調達、元ペパボ常務取締役の吉田氏がCOOとして参加

もろもろ注目していきたいところ。