飲食店向けの予約台帳サービス『トレタ』がWiLから2億円調達

飲食店向けの予約台帳サービス『トレタ』が「300億円ファンド」WiLを引受先とする第三者割当増資を行ったそうです。調達額は2億円。またペパボ役員退任後の去就が不明(GMO-VPとの絡みはあったものの)だった吉田さんがCOOとして参画したもよう。

予約台帳サービスのトレタがWiLから2億円を調達、元ペパボ常務取締役の吉田氏がCOOとして参加

もろもろ注目していきたいところ。

WebRTC技術を使ったオンライン英語学校『Global Step Academy』が資金調達

オンライン英語学校『Global Step Academy』運営のGLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSが第三者割当増資を行い、ヒトメディアから資金を調達したそうです。

ヒトメディア、Global Step Academyを運営する株式会社GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSに出資!

リアルタイム通信を実現するWebRTC技術を使ったオンライン英語学校であるGlobal Step Academy。ヒトメディアはオンライン英会話のラングリッチにも出資していますが、似て非なる事業っぽい。

ソーシャルリクルーティングがGBから資金調達

ソーシャルメディアを活用した新卒採用支援のソーシャルリクルーティングがグローバル・ブレインから資金調達を行ったそうです。調達額は数億円とのこと。

“バリバリの営業会社”と評されるソーシャルリクルーティングが資金調達して「サイバーエージェント目指す」

ソーシャルリクルーティングと言えばサムライインキュベートの出資先として知られていますが、今回グローバル・ブレインの資金を入れて一気に勝負に行く感じでしょうか。

クラウド家事代行サービス『CaSy』が第三者割当増資

1時間2,500円で質の高い家事代行サービスを展開するCaSyがBEENOSを引受先とした第三者割当増資を行ったようです。実施日は6月16日。調達額は不明。

1時間2,500円のクラウド家事代行サービス「CaSy(かじー)」が スタートアップスタジオBEENOS(ネットプライスドットコム)に、 第三者割当増資を実施

『CaSy』は4月にアルファ版をリリースし、機能改善を続けているそうで、今回調達した資金で事業を加速させるとのこと。家事代行サービスはプレイヤーも出そろい、買収など再編も始まっています。しかし、今後この分野のニーズは高くなると思うので、家事代行から横展開していくと一層スケールしそうな感じ。